股関節が痛い原因

ここでは股関節が鳴って痛い場合について、詳しく説明していきます。

股関節からポキっと音が鳴ることがあります。椅子に座る際や階段の上り下りの際など、股関節を動かす動作の際によく見受けられます。股関節が鳴る理由の中でも、痛みがある場合と痛みが無い場合では仕組みが違ってきます。また、股関節の外側から音が鳴る場合と股関節の内側で音が鳴る場合でも全く別の原因が考えられます。

sponsored link



まずはじめに、股関節が鳴っても痛みが無い場合についてです。これは首を左右に振って音が鳴ることや、指を折ってポキポキ鳴らすのと同じ理由で、関節内で屈折によって出来た気泡が弾ける音と考えられます。この場合、痛みを伴うことはほとんどなく特に問題視する必要もありませんが、あまり常習化すると関節の変形を招くため注意して下さい。

そして股関節が鳴って痛い場合ですが、音の鳴る場所が股関節の外側か内側かで考えられる原因は変わってきます。外側が鳴って痛い場合には、腸脛靭帯という太ももの外側を走る長い靭帯が、大腿骨の大転子に引っかかってしまうことが原因と考えられます。この音は骨と腱が擦れる音、というわけです。炎症が起きやすく痛みが太ももの外側の付け根辺りが痛くなり、どちらかというと女性に多く見られるのも特徴です。

股関節の内側が鳴って痛い場合には、股関節内で大腿骨頭と寛骨臼が擦れあうことが原因と考えられます。軟骨同士が擦れあう音、というわけです。変形性股関節症の方に多く見られ、繰り返すことで軟骨が擦り減って炎症を起こして痛みを伴い、さらには股関節脱臼を起こしやすくなったりするので注意が必要です。

こういった股関節が鳴って痛い場合の原因は「バネ股」と呼ばれます。別名「弾発股」とも呼ばれ、骨や軟骨、筋腱などがひっかかりや擦れを起こすもので、股関節以外でも起こります。有名なのは腱鞘炎の一つである「バネ指」でこれも別名「弾発指」と呼ばれ、仕組みはほとんど同じ現象です。

sponsored link



このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 股関節の痛みの症状

⇒ 左右の股関節の痛み

⇒ 変形性股関節症

⇒ 股関節の痛みの治療



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
kokansetunoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。